遺言

遺言書

遺言書と聞いて、「そんな大げさなものいらないわ」等とお考えになる方も、中にはいらっしゃるかと思います。
例えば「疎遠になっている親・子供・兄弟等に、財産をあげるよりも、世話してくれたあの人に・・・」

そのような時でも、公正証書遺言を使えば相続発生時には、「遺言書通りに相続される」為、事前に安心を得ることができます。

(普通)遺言書には3種類、自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言がありますが、その中でも、公正証書遺言は公証役場で原本が保管され、有効性が保証されています。

【自筆証書遺言と公正証書遺言の比較】

  自筆証書遺言 公正証書遺言
メリット
  • 費用がかからない
  • いつでも1人で作成できる
  • 遺言の存在と内容を秘密にできる
  • 形式上、無効のおそれがない
  • 偽造、紛失等のおそれがない
  • 強力な証拠力、執行力がある
  • 家庭裁判所の検認手続が不要
  • 病気で読み書きができない時でも、遺言書を作れる
デメリット
  • 遺言が無効になるおそれがある
  • 詐欺、脅迫、偽造、紛失のおそれがある
  • 家庭裁判所の検認手続が必要
  • 費用がかかる
  • 証人2人に遺言の内容が知れる(行政書士は守秘義務があります。証人の準備も致します)
  • 自筆証書ほどの手軽さはない

「自筆なら予算もかからないし、手軽じゃないか」とお考えになるかと思いますが、せっかく作った遺言が 無効になってしまったら元も子もありません。
有効性が高い公正証書遺言をおすすめ致します。

公証役場というものが存在している意義、公正証書という公文書に残しておけば高い安心が得られるものと思います。

※ 一生に一度あるかないかの遺言書、きちんとした手続きをする事がお客様にとっての「意義のある手続き」となる事を私共は願っております。

料金表(行政書士報酬)

業務内容 報酬額(税込)
自筆証書遺言相談・原案作成 48,600円~
公正証書遺言原案作成 + 公証役場打合せ費用等
(お客様に戸籍収集等をお願いするプラン)
86,400円~
公正証書遺言「一括手続」
(詳細は、打合せにて決定致します)
250,000円~
公正証書証人立会(1名)
(行政書士等、守秘義務のある専門家)
19,440円~

※ 別途、公証人手数料 数万円~(財産評価額により変動あり)等がかかります。
◆ 当事務所は、分割払い(2~5回程度)も対応しております。お気軽にどうぞ。