内容証明 ← 現在は、ご対応致しません。

内容証明郵便とは、文書(手紙)の内容を公に証明して、相手方に心理的な圧迫を与え、債権を回収する等の手段に用いられます。
※あくまでも、相手方に心理的な作用を及ぼすもので、法的な強制力はありません。

【注意】
相手方に心理的な圧迫を与えるという事は、相手方に敵対心を起こさせる可能性もあります。
後々、裁判等のトラブルを考慮した上で慎重に対応する事が強く求められます。
※ 行政書士は、お客様に代わって相手方と交渉したり、訴訟手続きを行うことはできません。
あくまでも、内容証明の代理作成のみの手続きとなります。

内容証明の活用例

  • 貸金請求書(貸したお金を返してほしい)
  • 売掛金請求書(売掛金を回収したい)
  • 敷金返還請求書(敷金を返還してほしい)
  • クーリングオフ(7日以内)
  • 不倫、不貞行為の慰謝料請求(浮気相手に対する通知、慰謝料等)

料金表(行政書士報酬)

業務内容 報酬額(税込)
内容証明作成 32,400円~
内容証明作成 原案のみ 16,200円~

※ 別途、郵送代 数百円~がかかります。
◆ 当事務所は、分割払い(2~5回程度)も対応しております。お気軽にどうぞ。